スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

6月 


くしゃみした瞬間に間違えてバックジェスチャーを入れてしまい書きかけの文章が消える。
つまりそういうわけです。いつもあなたの役立ちアイテム米です。
大丈夫、心配する必要は無い。軽く1000文字ぐらい書いてたのが消えただけだから。
大丈夫、嘘だから。

何が嘘なのかすらわからない、もしかするとバックジェスチャーをしてしまったというところから嘘なのかもしれない。
むしろくしゃみもしてないかもしれない。

そんな米さんですがうっかりてへぺろ☆な感じで月刊ブログであるこのアフォ日記 改 かもの6月号を発売するのを忘れていましたねてへぺろ☆
でも大丈夫、まだ30日だから余裕余裕。あと3時間もある無事に発刊ですよ。
別に6月号を6月の上旬に発刊しなければならないなんてルールは無いんですよ、てか別に月刊誌じゃねーだろこのブログ。

世界中で2人しかいない読者のみなさん待っててね、一人は僕です。






あ、やべぇここまで新しい文章で書き直してて気がついた。FC2ブログは自動で下書き保存してくれる機能あるじゃん。
過去記事管理のところみたらちゃんと残ってるじゃん、なんだよこの悲しい雰囲気からの同情を誘うパターンが台無しじゃん。
もういいよその文章をコピーして貼り付けるよ



どーもいつも皆さんを見つめています米です。
嘘です。無理な嘘は言わない方が身のためです。

月刊ブログであるアフォ日記 改 かもですが、うっかり6月号を発売するのを忘れてましたねてへぺろ☆
でも大丈夫。まだ30日だから。別に6月号を6月の上旬に発売する必要性は全く以て無いもんね。

世界中で2人ほどいる読者の方には大変もうしw



思った以上に書いてなかった件、しかも「大変申し訳ない」の書き途中でバックジェスチャーをしたのが手に取るようにわかる。
てか1000文字書いてたってのが余裕で嘘だってのがバレたね。息を吐くように嘘を付く男。
しかも文章内容がほとんど同じ。そりゃ数分前に書いてたんだからそれなりに覚えてるわい。
改めて今月号の始まりです。




【ダーパン】
ダーパン
なんかダーパンって想像以上に茶色いよね。
がっかりだよね
てか竹林に住んでるんだっけ?ぜんぜん竹林に順応した色じゃなくね?小汚いクマじゃね?
でもくぅわぁ~ぁゆい!!!
発音すると聞き取れるけど文章にすると意味が分からないな。くぅわぁ~ぁゆい!!!




【今年は暑いらしい】

なんか冷房使わないで生活しようぜブームが来てるみたいだし。節電とかあんまり気にしないけど流行に乗るのが米さん。
話題のひんやりジェルマットを購入

ひんやりジェルマット

これがまー高い。7000円もする。
しかも最初は感動するぐらいひんやりだったけど、慣れるとぶっちゃけそこまで!!!
眠りに付くまでが快適なマットといったところですかね
常温でも密着するとひんやりってやつです。わりとひんやりします。
すぐに体温と同じぐらいになるけど。
体温と同じぐらいになってきたら寝返りをうってひんやりしてるところに逃げる感じ
そっちに逃げてるあいだにぬるくなったジェルの部分がまた冷えるみたいな。

気温が30度超えてるとぶっちゃけひんやりしない
でも「仰向けに寝てると密着してる背中がアッツアツ!!現象」は少ないです。だから劇的な変化はないけどなんだかんだで寝やすいのかもしれない。
3000~4000円ならまぁ買ってもいいと思う。7000円はちょっと高かいと思う。




ひんやりタオル

むしろ実用的なのはこれ
水に濡らして首に巻くとひんやりりするタオル
これは素晴らしいね。やはり人間は首すじがひんやりすると元気
水色のが800円でタオルの方が1300円だったかな?
これはいいですねぇ
安い方の奴はPCとかに向かってる時とかに首にまいてるとgood
タオルの方はタオル生地だから、農作業とか庭いじりとか、ランニングとか、そんな場面におすすめな気がする。
汗も拭けて便利

両方ともけっこうひんやり
さすがに水を含ませるだけはある。どんな仕組みになってるのだろうか


とくにオチも無く米さんが新しもの好きな趣味で流行商品を試したお話し。
他にもデスク扇風機とか買ったりしました。
デスク扇風機はPCの排熱の手助け用と化したけど。

6月なのに熱中症で死者が出てるみたいですし、無理せずに我慢出来ない時は28度冷房を付けましょう。
それでは皆さん良い夏を。をみつ。
スポンサーサイト
[ 2011/06/30 22:35 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。